どうぶつの森を知らない人へ このシリーズの魅力を紹介!

とびだせどうぶつの森

どうぶつの森は1作目が2001年に発売されています。
その年には既に32万本以上の売上を記録し、大ヒットシリーズとなりました。
そして最新作のどうぶつの森 amiiboフェスティバルまでコンスタントに作品をリリースしています。

どうぶつの森の中で一番売れているのは、とびだせ動物の森で約400万本ではないかと思います。
それ以降の作品ついては詳細なデータが今のところ無いため、暫定的にこの作品が一番売れているという形としておきます。

ゲームの概要

どうぶつの森の概要としては、どうぶつ達が暮らしている村でコミニュケーションを取るというものです。
非常に自由度が高いため、人によって様々な遊び方が出来ます。
基本的な流れとしては最初に家を購入しローンを返済していくことから始まります。
そこからは本当に自由になります。
村を発展させるもよし、田舎の村を堪能するもよしです。
どのようなライフスタイル築いていくかはプレイヤー次第と言えるでしょう。

自由度がウリ

どうぶつの森シリーズは、自由度な高さがウリと言えるでしょう。
決まったルートは存在せず、自分でルートを開拓していくことが出来るため、考えるゲームとして人気です。
終わりも存在しないため、長い間遊べるゲームだと言えます。
スマホゲームというものも基本は終わりがないため、どうぶつの森には最適なジャンルと言えるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする